出展者検索

共同出展者/取扱メーカー

グリーン・モールディング・ソリューション協会

ニチエツ

トーヨーカラー

ROCTOOL

ブルーエンジニアリング

3Dウェルドレスアライアンス

TEL: +81-3-3453-7421

見どころ

  • 日本語
  • English
  • Chinese
▼続きを読む
▼Read more
▼Read more

出展者セミナー

  • 日本語
日付 時間 発表言語 タイトル/概要
11/18
(水)
11:00

12:00
  • 発表言語
  • 日本語
加飾技術の最新動向について 秋元技術士事務所 所長「プラスチック博士」秋元英郎氏による、
加飾技術の最新動向について。

人類の歴史は、省エネルギーと行動範囲拡大の歴史です。プラスチックはその両方に貢献して、人々を幸せにしてきました。プラスチックの加飾技術は人に例えると「お化粧」です。それは、製品を所有する人の心に訴えかける重要な要素を作り上げています。プラスチックは軽い,加工しやすい,錆びない,腐らないという特長があり、徹底的にリサイクルして使うべき材料です。近年のプラスチック加飾技術はリサイクルとの相性も良く、より環境に優しい技術へ進化しています。本講演では、プラスチック加飾の動向と「なるほど」をお伝えします。

秋元英郎氏:
秋元技術士事務所 所長 / プラスチックス・ジャパン株式会社 社長 秋元 英郎
技術士(化学部門)、博士(工学)
化学会社において研究開発、営業、マーケティング等を幅広く経験した後、2010年に独立
専門はプラスチック材料、プラスチック加工技術(特に発泡成形、加飾技術)
グリーンモールディングソリューション協会のメンバーでもあり、2011年よりIPFの松井製作所ブースにおける講演を行っている。
・第30回プラスチック成形加工学会年次大会において、青木固技術賞を受賞賞
・秋元技術士事務所:https://ce-akimoto.com
・プラスチックスジャパン:https://plastics-japan.com
11/18
(水)
14:00

14:30
  • 発表言語
  • 日本語
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について 小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー 小松 道男氏による、
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について。

気候変動を抑止するために菅首相は、2050年までに温暖化ガスゼロを目指すと国会で宣言をしました。また、アメリカ大統領選挙ではバイデン氏が新しい大統領へ就任する見通しとなり、温暖化ガス削減を目指すパリ協定への復帰を表明、今後4年間で200兆円の環境対策への財政出動を検討していると報じられています。プラスチック業界おいてはこれらの方向性について速やかに技術革新やイノベーションを目指す必要性が出てくるでしょう。プラスチックの特性に合わせた使いこなしの知恵比べが新たな産業を生み出すことになると思います。このような社会情勢の下、生分解性プラスチックの加工技術に詳しい小松先生をお迎えし最新の世界の動向についてご講演頂きます。

小松 道男氏:
小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー。
平成29年度文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門)を受賞
平成30年第7回ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門で内閣総理大臣賞を受賞
(この時安倍首相より、ものづくり名人の称号を授与されました)     
令和2年度一般社団法人型技術協会技術賞を受賞
令和2年度 気候変動アクション大賞を受賞(環境大臣表彰)
生分解性プラスチック成形技術等について日米欧等で293発明について特許取得
11/19
(木)
11:00

12:00
  • 発表言語
  • 日本語
加飾技術の最新動向について 秋元技術士事務所 所長「プラスチック博士」秋元英郎氏による、
加飾技術の最新動向について。

人類の歴史は、省エネルギーと行動範囲拡大の歴史です。プラスチックはその両方に貢献して、人々を幸せにしてきました。プラスチックの加飾技術は人に例えると「お化粧」です。それは、製品を所有する人の心に訴えかける重要な要素を作り上げています。プラスチックは軽い,加工しやすい,錆びない,腐らないという特長があり、徹底的にリサイクルして使うべき材料です。近年のプラスチック加飾技術はリサイクルとの相性も良く、より環境に優しい技術へ進化しています。本講演では、プラスチック加飾の動向と「なるほど」をお伝えします。

秋元英郎氏:
秋元技術士事務所 所長 / プラスチックス・ジャパン株式会社 社長 秋元 英郎
技術士(化学部門)、博士(工学)
化学会社において研究開発、営業、マーケティング等を幅広く経験した後、2010年に独立
専門はプラスチック材料、プラスチック加工技術(特に発泡成形、加飾技術)
グリーンモールディングソリューション協会のメンバーでもあり、2011年よりIPFの松井製作所ブースにおける講演を行っている。
・第30回プラスチック成形加工学会年次大会において、青木固技術賞を受賞賞
・秋元技術士事務所:https://ce-akimoto.com
・プラスチックスジャパン:https://plastics-japan.com
11/19
(木)
14:00

14:30
  • 発表言語
  • 日本語
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について 小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー 小松 道男氏による、
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について。

気候変動を抑止するために菅首相は、2050年までに温暖化ガスゼロを目指すと国会で宣言をしました。また、アメリカ大統領選挙ではバイデン氏が新しい大統領へ就任する見通しとなり、温暖化ガス削減を目指すパリ協定への復帰を表明、今後4年間で200兆円の環境対策への財政出動を検討していると報じられています。プラスチック業界おいてはこれらの方向性について速やかに技術革新やイノベーションを目指す必要性が出てくるでしょう。プラスチックの特性に合わせた使いこなしの知恵比べが新たな産業を生み出すことになると思います。このような社会情勢の下、生分解性プラスチックの加工技術に詳しい小松先生をお迎えし最新の世界の動向についてご講演頂きます。

小松 道男氏:
小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー。
平成29年度文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門)を受賞
平成30年第7回ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門で内閣総理大臣賞を受賞
(この時安倍首相より、ものづくり名人の称号を授与されました)     
令和2年度一般社団法人型技術協会技術賞を受賞
令和2年度 気候変動アクション大賞を受賞(環境大臣表彰)
生分解性プラスチック成形技術等について日米欧等で293発明について特許取得
11/20
(金)
11:00

11:30
  • 発表言語
  • 日本語
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について 小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー 小松 道男氏による、
地球環境問題と生分解性プラスチックの、世界最新動向について。

気候変動を抑止するために菅首相は、2050年までに温暖化ガスゼロを目指すと国会で宣言をしました。また、アメリカ大統領選挙ではバイデン氏が新しい大統領へ就任する見通しとなり、温暖化ガス削減を目指すパリ協定への復帰を表明、今後4年間で200兆円の環境対策への財政出動を検討していると報じられています。プラスチック業界おいてはこれらの方向性について速やかに技術革新やイノベーションを目指す必要性が出てくるでしょう。プラスチックの特性に合わせた使いこなしの知恵比べが新たな産業を生み出すことになると思います。このような社会情勢の下、生分解性プラスチックの加工技術に詳しい小松先生をお迎えし最新の世界の動向についてご講演頂きます。

小松 道男氏:
小松技術士事務所 所長 / 公益社団法人 日本技術士会フェロー。
平成29年度文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門)を受賞
平成30年第7回ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門で内閣総理大臣賞を受賞
(この時安倍首相より、ものづくり名人の称号を授与されました)     
令和2年度一般社団法人型技術協会技術賞を受賞
令和2年度 気候変動アクション大賞を受賞(環境大臣表彰)
生分解性プラスチック成形技術等について日米欧等で293発明について特許取得
11/20
(金)
14:00

15:00
  • 発表言語
  • 日本語
加飾技術の最新動向について 秋元技術士事務所 所長「プラスチック博士」秋元英郎氏による、
加飾技術の最新動向について。

人類の歴史は、省エネルギーと行動範囲拡大の歴史です。プラスチックはその両方に貢献して、人々を幸せにしてきました。プラスチックの加飾技術は人に例えると「お化粧」です。それは、製品を所有する人の心に訴えかける重要な要素を作り上げています。プラスチックは軽い,加工しやすい,錆びない,腐らないという特長があり、徹底的にリサイクルして使うべき材料です。近年のプラスチック加飾技術はリサイクルとの相性も良く、より環境に優しい技術へ進化しています。本講演では、プラスチック加飾の動向と「なるほど」をお伝えします。

秋元英郎氏:
秋元技術士事務所 所長 / プラスチックス・ジャパン株式会社 社長 秋元 英郎
技術士(化学部門)、博士(工学)
化学会社において研究開発、営業、マーケティング等を幅広く経験した後、2010年に独立
専門はプラスチック材料、プラスチック加工技術(特に発泡成形、加飾技術)
グリーンモールディングソリューション協会のメンバーでもあり、2011年よりIPFの松井製作所ブースにおける講演を行っている。
・第30回プラスチック成形加工学会年次大会において、青木固技術賞を受賞賞
・秋元技術士事務所:https://ce-akimoto.com
・プラスチックスジャパン:https://plastics-japan.com

出展製品・サービス

  • 金型監視装置

  • 原材料搬送装置

  • ミキサー

  • 定量混合供給装置

  • 原料乾燥装置(ドライヤー)

  • 粉砕機

  • 破砕機

  • 自動色替装置

  • 窒素ガス発生装置

  • アニール機

  • ペレタイザー

  • 異物除去装置

  • 発泡装置

  • 静電気帯電装置

  • 電磁波加熱装置

  • その他成形関連機器

  • ガス抜き装置

  • 集中監視(管理)システム

  • 金型部品

  • 金型温度調節機

  • 金型加熱装置

  • 金型内ガス抜き装置

  • 金型洗浄機

  • 金型自動交換装置

  • 粉砕機

  • 破砕機

  • 再生ペレット製造装置

  • 静電気除去装置

  • 水処理装置

  • ドライアイスブラスト洗浄機